驚愕のプランが誕生しました!「コピー機のカウンター料金0円!!」

何枚印刷してもカウンター料金はモノクロ0円/カラー0円でカウンター料金の請求は一切ありません。
当社独自のプランになります。

カウンター料金とは

カウンター料金=保守料金となります。
内訳としては①定期点検料金②部品交換料金③技術費④サービスマンの派遣費⑤トナー料金から構成されます。

 

 

保守料金はコピー機を安全安心に使用するには不可欠なものです。
しかしお客様からは「ほとんど壊れる事が無いのにいつかのために高い料金を払わなくてはいけないのが負担になる」
との声を多くのお客様から頂戴しました。
実際に機械の性能、各々パーツの耐久性は年々上がっており技術の向上は目覚ましいものがあります。
そこで弊社は長年の保守活動から思い切ったプランの作成に臨みました。

それがカウンター料金0円の『ゼロチャージプラン』です!

ゼロチャージプランは今までの①定期点検料金②部品交換料金③技術費④サービスマンの派遣費を
機械に5年間の保守保障をつけることによりカウンター料金を全くいただかないカウンター料金0円プランを作ることに成功しました。

お客様で負担するのは機械代と消耗品として無くなっていくトナー代のみになります。
家電量販店で買うプリンターと同じように、お支払するのは機械そのものの値段と使用して無くなったら買ってもらうトナー代、
と使った分だけ買っていただくわかりやすいプランになっています。

そうなると、トナー代は?

≪トナー料金≫

モノクロ:25,000枚相当 25,000円
カラー :15,000枚相当 22,500円

モノクロ単価1円、 カラー単価5.5円の低価格でご提供です。


例 人材派遣業のA社様

複合機ご使用状況
月間平均使用枚数 :モノクロ 8,000枚 、フルカラー 3,000枚
カウンター料金  :モノクロ 1枚~ 1.8円、 フルカラー 1枚~ 11円

こちらのお客様は月々にかかるカウンター料金が4万円を超えていました。
お客様からは「どうしても印刷枚数は減らせないので単価をどうにか下げたい」
とのご依頼があり弊社にご連絡いただきました。

弊社のゼロチャージ方式をご提案させていただきカウンター料金を0円にさせていただきました。


ゼロチャージ方式=カウンター料金0円プランのポイント

毎月の経費が抑えられる

カウンター方式とは違い、トナーが無くならない限りはリース料以外一切料金は発生しません。

安心の保守対応

カウンター料金0円なのに保守が5年間無償で付いてきます。
カウンター料金が0円なのに定期点検や部品交換などカウンター方式と同一のフルメンテナンスがついてきます。

安価なトナー代

トナー代は驚異のモノクロ1円/カラー5.5円単価。負担なくトナー購入ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017-3-4

    オフィス桃太郎開設キャンペーン!

おすすめ記事

  1. 2017-1-9

    オフィスの「ない」をお届けする通販「快適オフィスサプライ」

    登録無料!!お客様の「困った」を解決!オフィスの「ない」をお届けする 約22600アイテムの豊富な…

話題をチェック!

  1. 登録無料!!お客様の「困った」を解決!オフィスの「ない」をお届けする 約22600アイテムの豊富な…

アーカイブ

ページ上部へ戻る